​農産加工所 福住daidocolab.

line.png

福住daidocolab.(だいどこらぼ)は旧福住小学校の調理室を改装し、誕生した食品加工所です。

NPO法人SHUKUBAが管理運営を行なっています。

 

農産加工品をはじめ、加工食品づくりに取り組む人を応援し、豊かな食の想像拠点となることを目指し活動しています。

(設立:2019年8月)

​事業内容

line.png
floor map.jpg

・一次加工

 野菜や果実、穀物類の乾燥・製粉などを請け負います。

 乾燥・製粉料金表はこちら

・OEM(受託製造)

 レトルト製品、佃煮、ジャム、ピクルスなど、長期保存食品の製造を請け負います。​

​・商品開発

 製品化を支援します。安全性の検査なども含め、販売できる状態までの開発を請け負います。

​ 許可業種・設備についてはこちら

ご依頼までの流れ

line.png

1 ご相談     製品化したいものについてご相談ください。

                           使いたい材料、形状、保存状態などご希望を教えてください。

2 打ち合わせ   弊社でチャレンジできそうな製品であれば、打ち合わせの上で、試作企画を策定します。

3 試作      必要に応じて試作品を作成し、納品します。

          弊社で数パターン提案することもできますし、来室頂き、ご一緒に試作を進めることも可能です。

4 検食      試作品をご検食いただき、今後の方針を相談します。

          この段階で製品が出来上がっていない場合、さらに試作を繰り返します)

5 工程確認    製品化を決定したら、最終的な材料・レシピを決定し、製造工程を確定します。

6 安全性検査   検体を製造し、安全性検査を実施。保存方法や賞味期限を決定します。

7 表示情報作成  検査をパスし、表示情報等を確認したら、世に出せる製品の完成です!

8 製品完成!   弊社で製造を請け負う場合、加工賃単価のお見積もりをお出しします。

試作の料金について

line.png

・レトルトお試し試作​

 税別¥4,000円 / 釜一回転+容器代、発送料実費

 すでにある商品のレトルト製品化をお考えの方にまずおすすめするメニューです。

 食材または調理品をお持ち込みいただき、レトルト加工のみ行います。

​・試作のご依頼 

 料金設定は以下の通りです。ご相談内容によりお見積もりさせていただきます。

 設備使用料 ¥3,500円 / 時間

 作業員人件費 ¥1,200円 / 人・時間

 検査代(例:レトルト無菌検査¥5,000円 / 検体)

 その他、材料代、容器代、発送料等実費​